相手リーチ:自分1シャンテン


結論

・自分が親の時の感覚は、形がいいなら、無筋でも端の牌ぐらいは切ってもいい
・自分が子の時の感覚は、無筋を押さず字牌や筋をおってまわし、まわす中で形がわるくなったら潔くオリ

■悪魔のシャンテン押し

1シャンテン、、、「あと1牌で追いつくので、押してもいけそう」と思いがちですが、大体追いつく前にツモられたり、放銃したりして負けます。

親の場合は、まだ割と押せるのですが、子は正直厳しいのが現実です。

自分の1シャンテンの形が重要なので、以下の4つに分けて説明します。

①完全形二筒三筒三筒二索三索八索八索

②良形×良形二筒三筒二索三索八索八索

③良形×愚形二筒三筒二索四索八索八索

④愚形×愚形二筒四筒二索四索八索八索

なお、印象論として「自分がリーチしているときに追っかけによく負ける」と言われることがありますが、天鳳のデータによると②良形×良形の状況でで約20%、④愚形×愚形の状況だと約10%程度しかアガリ率がないのが現実です。

■自分が親の時

自分が親の時であれば、良形テンパイが確定している①完全系や②良形×良形の場合は比較的押せます

ただ、ど真ん中を押すのはやはり厳しく、危険度B(無筋23、片筋4)が限界になります。

良形テンパイが確定しないと、アガリ率が一気に落ちるため、親であっても無筋などを押してはいけません。

③良形×愚形の時は、危険度D(筋23、オタ風、一枚切れ翻牌)あたりが限界です。

④愚形×愚形のともなると、オリ気味に打つのが正解で、危険度E(筋1、一枚切れオタ風)程度なら押してもいいという状況になります。

①~④を応用して具体例を考えますと、四筒赤五筒赤五筒七筒八筒赤五索八索八索のような形で、四筒が中筋赤五筒赤五索が無筋とします。この場合四筒を切って、③良形×愚形の形にとって回し打つのが正解です。

回し打ちは、危険牌を読みきってギリギリの打牌を打つ、のではなく、切ってはいけない牌を機械的に止めてたまたまテンパイするです。


■自分が子の時(相手子)

自分が子の時は、急に厳しくなり、基本的に1シャンテンから無筋2~8は切ってはいけません。

①完全形で、危険度C(無筋1、中筋5、字牌)が限界で、②良形×良形では危険度Dまでです。

愚形含みの可能性だともっと苦しくて、③良形×愚形の時は危険度E、④愚形×愚形で危険度F(2枚切れ字牌)と覚えましょう

自分が子なら、テンパイに対しては「無筋を押さず、字牌や筋をおってまわすが、まわす中で形がわるくなったら潔くオリる」と覚えておきましょう。


■自分が子の時(相手親)

子対子と同様に厳しい状況です。

①完全形と②良形×良形の時で、危険度Dまで、③良形×愚形と④愚形×愚形の時ならば、危険度Fまででほぼオリになります。

■押し引き表

相手リーチ:自分イーシャンテンの押し引き表を記載しました。

表に書かれてる牌までが、押すことができる牌です。

自分親子対子子対親
①完全形危険度B

無筋
二筒三筒
片筋
四筒

字牌全て

危険度C

無筋
一筒
中筋
赤五筒

字牌全て

危険度D

筋牌
二筒四筒
生牌
一萬 
一枚切れ
發
②良×良危険度B

無筋
二筒三筒
片筋
四筒

字牌全て

危険度D

筋牌
二筒四筒
生牌
一萬 
一枚切れ
發
危険度D

筋牌
二筒四筒
生牌
一萬 
一枚切れ
發
③良×愚危険度D

筋牌
二筒四筒
生牌
一萬 
一枚切れ
發
危険度E


一筒
一枚切れ
一萬



危険度F




二枚切れ
一萬發



④愚×愚危険度E


一筒
一枚切れ
一萬
危険度F




二枚切れ
一萬發
危険度F




二枚切れ
一萬發


コメント

タイトルとURLをコピーしました